航空旅行トップページ>格安航空券講座>航空券有効期間の数え方

航空券 集中講座
航空券講座 初級レベル 航空券講座 中級レベル 航空券講座 上級レベル
航空会社コードについて  航空券有効期間の数え方(このページ 旅行会社で手配可能な航空会社とは
空港コードについて  予約クラスとは 予約記録をインターネットで参照
航空券予約 名前のスペル コードシェア便とは イーチケット控えの記載データとは
国際線チェックインタイムリミット 提携航空会社のマイル積算 航空券の再発券 リイッシュウとは








航空券有効期間の数え方

エイビーロードなどで航空券を検索してみる

同じ航空券にも関わらず、掲載旅行会社により有効期間が異なることがあります

例 エイビーロード 成田ーバンコクで検索してみると (2009/4/11)

航空券は 日本航空正規割引 悟空3週末ステイ
(注 2013/12時点では この運賃タイプはありません)

掲載旅行会社 航空券有効期間  

ワールドジャーニー 1〜14日間FIX
アルファツアー        3〜14日間FIX  
JTB               2〜15日間FIX
阪急交通社         3〜16日間FIX


どの会社が正しく、どの会社が間違っているのでしょうか?


日本航空のホームページで該当する航空券をチェックしてみると

航空券規則 (←有効期間の記載を見るにはこちら)

有効期間 (出発日の翌日から数えます)
1日以上14日以内(ただし、復路のご旅行は最初の日曜日以降となります)


では検証してみましょう

日数を計算する上での基本

航空券の有効期間 日付の起算は出発日の翌日から数える
有効期間の最終日とは現地発の日付で日本着の日付ではない

ルールに則って考えると

最短日数はルール上 1日 翌日起算ですからバンコク発は翌日2日目発
但し復路夜行便で翌日成田着の便を利用するのであれば3日目に日本着

最長日数はルール上 14日 翌日起算ですからバンコク発は翌日15日目発
但し復路夜行便で翌日成田着の便を利用するのであれば 16日目に日本着

なんとすべての旅行会社の表記は  
必要旅行日数 1〜3日  最大旅行日数 14〜16日
解釈の仕方によっては、間違ってはいない
ことになります


旅行業界として、航空券有効期間の記載方法が統一されていないことで
消費者を混乱させています。  困ったものです





-----------------------------------------------


なお旅行会社向けの航空運賃(OFCタリフ)の規則には
下記のように記載されています


必要旅行日数 
1日発開始 但し 復路は最初の日曜日以降

有効期間
14日発開始 

上記の意味は
有効期間 (出発日の翌日から数えます)
1日以上14日以内(ただし、復路のご旅行は最初の日曜日以降となります)

予約システム(CRS) 英語表記では
Minimum stay restrictions:

 TRAVEL FROM LAST INTERNATIONAL STOPOVER MUST COMMENCE NO
  EARLIER THAN 1 DAY AFTER DEPARTURE OF THE FIRST
  INTERNATIONAL SECTOR.
  AND - TRAVEL FROM LAST INTERNATIONAL STOPOVER MUST
        COMMENCE NO EARLIER THAN THE FIRST SUN AFTER
        DEPARTURE OF THE FIRST INTERNATIONAL SECTOR.


Maximum stay restrictions:

TRAVEL FROM LAST STOPOVER MUST COMMENCE NO LATER THAN 14
  DAYS AFTER DEPARTURE FROM FARE ORIGIN.


----------------------------------------------------