航空旅行トップページ>航空券用語集>マキシマム・パーミテッド・マイレージ

MPM マキシマム・パーミテッド・マイレージ

マキシマム パーミテッド マイレージ MPMマイレージ制運賃計算の基本です

その他の用語はこちら





航空旅行 航空券用語辞典

マキシマム パーミテッド マイレージとは
 
(Maximum Permited Mileage) MPM

マイレージ制運賃
において2都市間運賃が適用される最大許容マイル
(マイレージ制運賃とは飛行距離をベースに運賃を計算する仕組み)

通常MPMは直行マイル(2都市間の区間距離 TPM)の120%に設定されている
旅程がこの範囲内(MPMの範囲内)であれば、追加料金なしに利用できる

旅程がMPMを超えた場合
0〜5%未満   直行運賃 x1.05 運賃5%増し
5%〜10%未満   直行運賃 x1.10   10%増し
10%〜15%未満  直行運賃 x1.15   15%増し
15%〜20%未満  直行運賃 x1.20   20%増し
20%〜25%未満 直行運賃 x1.25   25%増し

25%以上の場合は直行運賃利用不可 旅程を分割し料金計算

マイレージ計算が不要の特定経路が指定されている運賃もあります。(ルート制運賃



2015/4/15