航空旅行トップページ>航空券用語集>マリッジセグメント

マリッジセグメント

航空会社の接続便の空席(在庫)管理の手法にマリッジセグメントがあります。 
経由地で乗り換えの場合でも出発地と目的地をペアーとして在庫席を管理しています。 

確保できている予約の一部区間のみのキャンセルはできません
あたかも結婚した夫婦のように 第一区間と第二区間は固い絆で結ばれており
簡単には予約を分割することができません

その他の用語はこちら





航空旅行 航空券用語辞典

マリッジセグメントとは
 (Marrige segment)

航空会社の空席(在庫)コントロールの方法
乗り継ぎ便の空席を区間毎でなく、出発地から目的地まで含めて在庫管理すること


例 9/05 KIX/SFO(SanFrancsico) の空席表示 
関空ーサンフランシスコの予約
UA 886 F6 C3 D3 Y4 B0 M0 H0 Q0 V0 W0,KIXSFO1525 0911 777 0
UA886便 Yクラス 空席あり Y4

例 9/05 KIX から SFO乗り継ぎ JFKまでの空席表示
関空ーニューヨーク(サンフランシシスコ経由)の予約
3, UA 886 F6 C3 D3 Y0 B0 M0 H0 Q0 V0 W0,KIXSFO1525 0911 777 0
4, UA 892 F3 C0 D0 Y0 B0 M0 H0 Q0 V0 W0, JFK1045 1924 757 60
乗り継ぎ便で表示すると UA886 Yクラス 空席なし Y0

このように2つの便をセットし、あたかもひとつの便のように在庫席を
コントロールすることを マリッジセグメントコントロールといいます。

マリッジセグメントの場合 接続便で予約を確保した場合
一部の区間のみのキャンセルはシステム上できないようになっています。
きってもきれない 夫婦の結びつきのように


2015/4/10