航空旅行トップページ>航空券用語集>インファント

インファント

航空運賃の旅客の年齢による運賃の区分は 
アダルト
(大人) チャイルド(子供) インファント(幼児)の3種類です


その他の用語はこちら





航空旅行 航空券用語辞典

インファント運賃とは  (Infant fare)

幼児運賃(INFANT)インファント (国際線)
旅行開始日同日の年齢が2歳未満の旅客に適用 (座席利用不可)
(航空会社により、旅行中2歳を超えた場合、子供運賃が適用される場合も) 
同行大人運賃の10% (格安航空券の場合は 購入価格ではなく券面の10%)

通常6ケ月までの乳児の場合
Bassinet(赤ちゃん用ゆりかご)利用可能 無料 予約時に申し出ること
月齢、体重、身長等 航空会社、機種より利用制限あり

大人運賃
旅行開始日同日の年齢が12歳以上の旅客に適用される運賃

子供運賃(CHILD) 
旅行開始日同日の年齢が2歳以上12歳未満の旅客に適用される運賃
旅行中 12歳を超えても子供料金で旅行可能
LCCでは子供料金の設定がない場合も 大人と同額

----------------------------------------------------------------
なお 日本国内線の場合

JAL. ANA スカイマーク
子供運賃は3歳以上12歳未満  但し子供運賃は普通運賃のみ設定
幼児運賃(3歳未満)は無料(座席利用不可)  また大人1人に付 無料幼児は1名まで

日本国内線 LCC (ピーチ、ジェットスター・ジャパン、バニラエア 春秋航空日本)
子供料金の設定なし(大人と同額)
座席を使用しない2歳未満の幼児は無料  (バニラエア 春秋航空日本は1,500円)



 2015/4/13