航空旅行トップページ>FAQ>旅行会社が利用している予約システム CRSとは




旅行会社が利用している航空券予約システム CRSとは

旅行会社が航空券を予約する時に利用している予約システムは
CRS(Computer Reservation System)またはGDS(Global distribution System)と呼ばれています。

航空便の予約、発券だけでなく、ホテル、レンタカーなどの旅行関連商品を
旅行会社の端末から地球規模で予約することができます。 

コンピュータを利用するため、 
航空会社は 2レターコード  JL,NH, UA など
空港は    3レターコード  NRT(成田), KIX(関空)、LAX(ロサンゼルス)
を使用しています。

日本ではAxess(JL系)、Infini(NH系)、Amadeus、Apollo(Galileo),Worldspanの5社が展開しています。 
旅行会社はCRS経由で各航空会社のホストコンピュータに接続し、予約業務を行っています。

旅行会社で手配して航空券は
その予約記録を作成したCRSのウェブサイトで参照することができます。



CRS(or GDS) の主な収益はBooking Fee

予約システム会社(CRS)の主な収益はBooking feeです
一旅客、一予約区間に付 数ドル

このBooking feeはシステムを利用している旅行会社ではなく
航空会社が予約システム会社に支払っています。
航空会社にとって無視できない流通コストです。

自社ホームページでの販売であればBooking feeは不要ですので
航空会社はホームページでの直販に力をいれています


**********************************************************************