航空う旅行トップページ>FAQ>コードシェアー なんのこっちゃ




コードシェアー なんのこっちゃ


コードシェアー便とは (ANAホームページより)

※路線提携(コードシェア)とは・・・

ANA(NH)の便名で、提携会社により運航(機材および乗務員)されることをコードシェアといいます。
チェックインの手続きや機内サービスも運航する航空会社により行われます。
提携会社の運航するコードシェア便の場合は、ご予約時に運航会社をご案内いたします。

<運航会社の規定が適用となるもの>
予約の受付開始及び受付期限 ・チェックイン締切時間 ・運送の拒否 ・幼児 ・小児の運送条件
動物の運送条件(サービスドッグ含む) ・配慮を要する旅客の運送条件
オーバーブッキングによりお客様へ座席を提供出来ない場合の補償
手荷物の紛失ならびに破損時のお客様への補償
イレギュラー時の対応 ・手荷物の受託条件、許容量

=================================================================================
管理人のひとりごと

要するに、自社で運行する機材がなくても、他社の運行する便に、自社の便名を付け
一部の座席を自社航空券として販売することで
こんなにたくさんの都市に
運行していると自慢できることとちゃうかな


また運行航空会社は自社では、座席を販売しきれないので (なんや なさけないなあ
他の航空会社に座席を売てもらっているということや

販売航空会社は運行するコストやリスクがかかれへんから、売り上げから自社取り分を確保し
残りを運行航空会社へ払えばええから、
ぼろい商売やなあ(座席ソフトブロックの場合)


===================================================================================
コードシェアー(Codeshare) の英語の意味は 

Codeshare のCodeは便名のことです。 
コードシェアー便には運行航空会社便名と販売航空会社便名がつけられています。
シェアーは共有する意味ですから
便名を共有(各々のフライトナンバーを付け運行する)ことをコードシェアーと呼んでいます


コードシェアー便の航空券販売仕組み

ハードブロック
 (block space codeshare)
コードシェアー便の座席は、販売航空会社が運行航空会社から一定数の座席を予め確保し、
販売航空会社の責任で販売する方法
この場合、運行航空会社A社の座席が満席でも、販売航空会社B社には空席がある場合があります


ソフトブロックfree flow codeshare)
発生ベースで(個々の予約発生ベースで) 運行航空会社の在庫席から席を確保していく方法
ソフトブロックであれば販売航空会社のリスクはありません。



====================================================================================
4社のコ−ドシェアー便も

成田・バンコクの10:50発 NH953便は 
UA9747、TG6003 、EY7809 としても、販売されています。(2013/9 調査)
ややこしくて かないませんね。

機長は、本日は、全日空、ユナイテッド航空、タイ国際航空、エティハド航空に
ご搭乗いただきありがとうございました。
と ちゃんと挨拶しているのでしょうか?


原則 運行航空会社のフライト番号は 3桁 NH953
販売航空会社の便名は 4桁 UA9747, TG6003 EY7809で表示されています。

例外的に販売航空会社の便でも、3桁の便名もあります 
またチャータ便や臨時便に4桁の便名を設定する場合もあります

====================================================================================
日系航空会社 コードシェアー便
(コードシェアー便利用時のチェックイン案内、サービスの案内)


全日空
http://www.ana.co.jp/int/airinfo/codeshare/

日本航空
http://www.jal.co.jp/codeshare/


=============================================================================
マイレージプログラムに関する注意事項

コードシェア便場合 予約クラスにより積算条件が異なる場合もあります。
詳しくは 各航空会社マイレージプログラムへお問い合わせください。

==================================================================================

コードシェアー便は、航空会社にとって、ネットワークを広げる重要な経営戦略です。
当初同一路線を運行する航空会社どうしコードシェアー便を運行し、利用可能な便数を増やすことで
顧客の利便性を図っていましたが、最近は、自社が運行していない路線をコードシェアー便で
販売し、ネットワークを広げています


他社便の運行便を自社便とし販売できるのであれば、
まったく機材をもたない航空会社が将来、生まれるかもしれません。
(コードシェアパートナーになるには1区間でも定期運航路線が必要なようですが)


**********************************************************************