航空旅行トップページ>FAQ>予約クラスとは




予約クラスとは


航空機のサービス上のクラスのことをキャビンクラスといいます
キャビンクラスは通常 ファースト、ビジネス、エコノミーに区分けされています。 
航空会社はこのファースト、ビジネス、エコノミー席の在庫管理のために
予約クラスを設けています
(プレミアムエコノミークラスが設定されている便もあります)

同じエコノミー席でも予約クラスは数種類あり、
その予約クラスに応じて航空会社は在庫席を振り分け、
予約クラスに応じた料金、航空券規則を設定しています

旅行会社はCRS(予約システム)を利用しています。 
予約クラスを指定し予約記録を作成します。

一般的に各サービスに応じた予約クラスは 
ファーストクラス P,F,A
ビジネスクラス J,C,D,I,Z,R
エコノミークラス B,E,G,H,K,L,M,N,Q,S,T,U,V,W,X,Y

------------------------------------------
予約システム上の 予約クラス表示例

JAL空席状況を予約システム(CRS) で表示してみました

JL062便 成田(NRT)発  ロサンゼルス(LAX) 着 2013/9/26の空席状況 (2013/9/12 調査)

JL 62 NRT 17:25 LAX 11:35 773 F3 A0 C9 J9 D9 X9 I0 Y9 W9 E8 B9 H9 K9 M9 L9 V9 S9 N6 Q6 O6 G0

F3とは ファーストクラスの空席3席以上のことです
H9とは エコノミー H クラス(ダイナミックセイバータイプAの空席状況) 空席9席以上のこと


-------------------------------------------

航空会社により予約クラスに利用するアルファベットが異なっており
同種類の運賃に同じ予約クラスを使っているわけではありません。

マイレージ特典航空券予約クラスなどは旅行会社CRSには
非表示になっている場合もあります


同じエコノミークラス利用の場合でも、
料金の高い予約クラスの方が 料金が安く且つ制約が多い予約クラスよりも
空席で表示される場合が多く予約が確保しやすくなっています

(機内でのサービスが異なる分けではありません)



航空券には予約クラスを表示する項目があり、ここに予約クラスが記載されています。
また料金種別がFare Basisとして記載されており、
Fare Basisの先頭の文字が予約クラスと一致しています。

ピーク時では、優先順位の低い予約クラスには席が提供されない場合があります。
席の確保を優先されるのであれば、優先順位の高い予約クラス(料金が高い)
を利用されることお勧めします。

航空会社は空席をできるだけ高く売ろうと考えています
より高い料金でも販売できると考えた場合
安い料金タイプには席を提供しません



予約クラスは 
Booking class or Sub Class or  RBD(Reservation Booking Designator)
or  Fare Class  とも呼ばれています。


**********************************************************************