航空旅行トップページ>格安航空券講座>コードシェアとは


航空券 集中講座
航空券講座 初級レベル 航空券講座 中級レベル 航空券講座 上級レベル
航空会社コードについて  航空券有効期間の数え方 旅行会社で手配可能な航空会社とは
空港コードについて  予約クラスとは 予約記録をインターネットで参照
航空券予約 名前のスペル コードシェア便とは(このページ) イーチケット控えの記載データとは
国際線チェックインタイムリミット 提携航空会社のマイル積算 航空券の再発券 リイッシュウとは
出入国カードの書き方 パスポート・ビザ情報 航空機の機体番号とは


コードシェア便とは

航空会社間で販売提携を行う提携便のこと

運行航空会社の席の一部を提携航空会社が自社便として販売しています
運行航空会社のことを Operating Carrier
販売航空会社のことを Marketing Carrierといいます

コードシェア(Codeshare) の英語の意味は 
Codeshare のCodeは便名のことです
コードシェアー便には運行航空会社便名と販売航空会社便名がつけられています
シェアーは共有する意味ですから、
便名を共有(各々のフライトナンバーを付け運行する)ことをコードシェアーと呼んでいます

コードシェアの形態で在庫席管理、
座席指定の可否か異なる

コードシェアには二通りの形態があります

1.Block space codeshare
予め自社便としてブロック席を保有し販売する

ブロックスペースコードシェアの場合
他社運航便であっても事前座席指定が可能です


2.Free flow codeshare
予約発生ベースで、席をその都度
相手側(運航航空会社)にリクエストする


フリーフローコードシェアの場合
相手側(運航航空会社)が
座席をコントロールするため、原則事前座席指定はできません
(例 ANA コードシェア便  ユナイテッド、エアーカナダ、ルフトハンザ運航便)

コードシェア便のチェックインカウンター
原則 運航航空会社チェックインカンンターになります



2018/3/01