航空旅行トップページ>航空券用語集>CRS

CRS(Computer Reservation System)

旅行会社が航空券を予約するために使用している航空券予約システム

その他の用語はこちら





航空旅行 航空券用語辞典

CRSとは
  (Computer reservation System)

航空券予約システムCRS( Computer reservation system)のことです。
 
旅行会社はCRS端末を利用して航空会社のホストシステムに接続し
航空券予約や発券等の業務を行っています。
またホテルやレンタカーなど旅行商品も扱うことができます。

旅行商品を世界規模で流通されることから
GDS( Global distribution system)とも呼ばれています



日本の旅行会社で利用されているシステムは 下記の5システム
複数のシステムを使用している旅行会社もあります。



CRSシステム WEB SITE (旅行会社向けのサイトです
AXESS アクセス
JL系列のシステム  2013年Travelportのホストシステムに移行 
(株主はJL)  
INFINI インフィニ
NH系のシステム(ホストコンピュータはSabre)
(NH60%,Abacus40%所有)
Abacusは東南アジアの航空会社連合が設立したCRSです)
Appolo(Galileo) アポロ (ガリレオ
当初はUAのシステム  Galileoシステムの一翼 
(現在は旅行関連企業グループTravel Portが所有)
Amadeus アマデウス
AF,LH,IBなどEuropeベースの予約システム
(主要株主はAF,LH,IB)
Worldspan ワールドスパン
当初はNW, DL,TWの予約システム
(現在は旅行関連企業グループTravel Portが所有)

CRS
は当初航空会社が自社の座席を旅行会社を通じて販売する目的で開発しました。

旅行会社はCRSを利用することで
ほとんどの航空会社(一部のLCCを除き)の予約発券が可能です
またホテル、レンタカーの手配も可能になっています。

CRSの主な収入はBooking feeです。 
旅行会社が予約をすると、
CRS会社はその予約数に応じ旅行会社にではなく、
航空会社にBooking feeを請求します。 

航空会社にとってこのBooking feeは流通コストの中で大きな割合を占めています。


2015/4/12